2007年04月17日

子どもの手なら切断可能な強力なモータの実態とは

子どもの手なら切断可能な強力なモータの実態とは

車のパワーウィンドの危険性はずいぶん前から指摘されて
きたし、自動車メーカーも承知のばずだった

一部の車種では負荷が掛かると停止し、少し戻るものもあるが
それでも、挟まると大人でも強烈に痛い

今回の事故はまさに起こるべきことだったはず
自動車メーカーは自体を軽視せずにしっかりとした対応を
すべきである


キムタクの愛用者ハマー2♪ 
 ↓ ↓ クリックで拡大♪



16日午前9時45分ごろ、大分県臼杵市大野、男性会社員
(28)方の駐車場で、男性の長男(4)が軽乗用車の
パワーウインドーに首を挟まれているのを母親(25)が
見つけた。

長男は病院に運ばれたが意識不明の重体。県警臼杵署は長男が
頭を車外に出したまま、過って窓を閉めたとみて調べている。

調べでは、長男は母親と妹(1)の3人で外出するため車に
乗り込んだ。ところが、母親が忘れ物に気付き、エンジンを
かけたまま2児を車内に残して車を離れたらしい。

車のパワーウインドーは、スイッチを引き上げると閉まる
仕組みになっていた

yahooニュース引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000091-mai-soci





posted by てぃらら at 11:25| 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。